両国の整形外科はスポーツ外傷の治療が可能です

両国の整形外科ではスポーツ外傷の治療が可能で、スポーツ中の足首の捻挫や肩の脱臼、骨折などを治療することができます。



両国の整形外科ではスポーツ障害の治療も行っており、下腿の疲労骨折やアキレス腱炎、テニス肘などを治療することが可能です。
スポーツ外傷で多いのは、捻挫や肉離れ、打撲や脱臼、骨折などです。
捻挫は足関節の靭帯が損傷することが原因で、肉離れは筋肉の損傷が原因になります。

厳選したYahoo!ニュース情報を厳選して紹介しています。

打撲は軟部組織のうちみが原因になり、脱臼は関節部分の骨の並びが乱れることが原因になります。


骨折を含むこれらのスポーツ障害は、あらゆるスポーツをしている時に発症しますので、アスリートはスポーツ中の怪我に十分に注意することが必要です。

スポーツ中に怪我をした時には応急処置をしたうえで、速やかに病院で治療を受けることが必要です。
スポーツ外傷は保存的治療で治ることが多く、両国の整形外科で治療を受けると、再びスポーツができるようになります。

スポーツ外傷はそのまま放置しておくと後遺症になって残ることがありますので、スポーツ中に怪我をした時には、両国の整形外科で治療を受けることが大切です。


スポーツ外傷やスポーツ障害の治療は整骨院でも受けることができますが、両国の整形外科ではレントゲン検査やMRI検査、CT検査などをすることができ、最先端の医療機器で検査や治療をすることができます。

ほとんどのスポーツ外傷は健康保険が適用されるため、安価な費用で治療をすることが可能です。